シミを薄くする化粧品

シミ対策の美白化粧品を紹介しています。
今あるシミを薄くする方法として、毎日使う化粧品を変える事は重要です。

シミ対策には美白化粧品がおすすめ

長年の蓄積によって、シミって突然出てきます。特に顔シミは場所によっては目立ちますから、少しでも薄くしたいですよね。ニキビ跡がシミになる事もあるんですよね。

今あるシミを薄くする方法として、毎日使う化粧品を変える事は重要です。実際、肌の状態ってすごく化粧品によってすごく変わりますよね。

毎日使う化粧品もシミ対策に有効な成分が配合された化粧品に変える事によって、少しずつシミが目立たなく、薄くなっていく効果を引き出す事が出来ます。

そのためにはどういった美白化粧品・シミ対策化粧品を選ぶと良いでしょう。

夏が近くなるとテレビCMでも大量に美白・シミ化粧品を目にしますし、雑誌でも美白特集!をたくさん見るようになります。そしてそのどれもが効果がありそうに見えます。

でもそれら美白化粧品の多くは、「これから出来るしみ予防」のための商品となります。今出ているシミを薄くしたい!!という方向けのシミ対策化粧品はまた別となります。

あなたのシミの種類は?

シミを薄くするには幾つかのポイントを抑えることが必要です。

  • 自分のシミの種類をまず把握する
  • シミ対策化粧品の配合成分に注目する

上記のことが必要です。自分のシミの種類がどれに当たるのか、見ていきましょう。

老人性色素斑(日焼け記憶じみ)

紫外線の影響によって出来るシミです。普段私たちが「しみ」と呼ぶのが、この老人性色素斑のことです。

薄い初期段階であればシミ対策化粧品が有効に働きます。しかしほっておくとシミが濃くなったり、広がってしまう可能性がありますのでしっかりとしたケアが必要です。

肝斑

左右対称に出来るシミです。主に30代、40代で目尻の下に出ます。ケアの方法としては、美白化粧品よりも内服薬が効果的と言われます。

雀卵斑(ソバカス)

生まれつき頬に点状に広がったシミのことです。レーザー治療が一般的ですが、遺伝的な要素が強いのでまた出て来ることも多いのだそうです

炎症性色素沈着(肌荒れ記憶じみ)

一時的にできるシミです。ニキビ跡、虫刺され跡、傷痕など。自然に薄くなって消えるシミなんですが、数年かかる事もあります。ケアにはシミ対策化粧品も効果的です。

光線性花弁状色素斑(強烈日焼けじみ)

紫外線を浴び続けて出てしまう点状のシミです。広範囲に出るのが特徴です。レーザー治療が一般的となります。

脂漏性角化症(出っ張りじみ)

いぼのようなシミです。レーザー治療が一般的となります。

摩擦黒皮症(摩擦じみ)

皮膚を摩擦することでもシミが出来てしまうことがあります。顔の汗をタオルで強くぬぐっても出来てしまうそうです。レーザー治療が一般的となります。

さらに他にもシミの種類がありますが、多くの場合は上記のどれかに該当するのかなと思います。

今あるシミを薄くする方法

上記にあるシミの種類のうち、シミ対策化粧品が有効なのは、

となります。一般的にシミと呼ぶものですね。

これらシミが出来てしまったときには、シミに対して還元作用(シミを薄くする作用)がある成分が配合されたシミ対策化粧品を選ぶ事が大切です。

具体的には、ハイドロキノン配合化粧品がおすすめです。ハイドロキノンには以下のような働きがあるために、美白に効果的だと言われます。

実は多くの美白成分は「できてしまったメラニンを還元し取り除く効果」が無いと言います。そのため、しみ予防には効果的ですが、既に出てしまったシミにはあまり効果が期待できません。

そしてシミを薄くするには、同時に肌のターンオーバーを促進してメラニン排出効果も高めていくことが重要です。

上記のような条件を満たし、ハイドロキノン配合化粧品として人気が高いのは、

の2つとなります。

1点集中、シミ美容液も効果的ですね。

なども口コミで評価が高いです。

今あるシミを薄くするには、ハイドロキノンが配合された化粧品、美容液をぜひ使ってみてください。