シミを薄くする化粧品

シミ対策の美白化粧品を紹介しています。
今あるシミを薄くする方法として、毎日使う化粧品を変える事は重要です。

既にあるシミに効く美白成分

本当に効果のある美白化粧品を見つけるには?

ある一定の年齢になると、肌悩みはシミというのが上位になってきます。最初は、薄く化粧をすると目立たないのですが、そのままにしておくとだんだんと化粧ではカバーができなくなってきます。

そのようになる前に、ケアをしてあげる事は大切なのです。早めのケアが、シミを濃くさせない手段です。

今いろいろな美白化粧品が出ています。しかし、「美白」と謳った商品でも美白成分が配合されていないまたは、ごく少量となると美白効果は激減、もしくは効果なし!という結果にもなってしまいます。

それは既にあるシミ、潜在シミに対しても言えることです。美白化粧品は、化粧品に含まれている美白成分を知ることで、既にできたにシミに効果をもたらしてくれるのではないでしょうか。

ですから厚生労働省が認可した、薬用美白成分が配合されているものを選ぶのがオススメです。

薬用美白成分

アルブチン
コケモモやナシなどから抽出した成分で、メラニンの生成に関わる酵素チロシナーゼの働きに作用しメラニンの生成を抑える効果があるとされています。
エグラ酸
イチゴ、ラズベリーなどの天然ポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用を持っているとされ主にガンなどの発生を抑制する効果等をもっているとされており、他にメラニン色素の生成を阻害する作用もあります。
ビタミンC誘導体
ビタミンCを誘導体化することにより、皮膚への吸収率を高め皮膚内へ浸透されやすいようにしたものであり、新陳代謝促進や抗酸化作用があり、酵素チロシナーゼを抑制する働きやコラーゲンを増やす働きをも持っています。また、皮脂コントロールの働きや抗炎症作用もあるのでニキビなどにもよいとされています。
ルシノール
大手化粧品メーカーが開発した美白成分で、モミの木に含まれる成分でチロシナーゼと合体し、メラニンの生成を阻害する働きをする作用を持っています。
プラセンタエキス
哺乳類動物の胎盤から抽出され、アミノ酸やビタミンなどが含まれており、抗炎症作用、新陳代謝(ターンオーバー)促進、血流を良くする働きを持っており、また酵素チロシナーゼを阻害しメラニン生成を抑える働きもあります。
カモミラET
カモミール(カミツレ)から抽出された成分で、抑炎症作用や、保湿効果などを持っており、大手化粧品メーカーが開発した美白成分です。メラニン生成の情報伝達を抑制し、メラニン生成の働きを抑えてくれます。
トラネキサム酸
人工合成されたアミノ酸の一種であり、主に止血剤など医療機関で使用されていた成分ですが、肝斑などのシミ改善に効果があるとされています。
リノール酸
ベニバナ油やコーン油などの植物油に多く含まれている成分で、酵素チロシナーゼの働きを抑えまた、抗炎症作用も持っているのでニキビなどにも良いとさています。
コウジ酸
麹に含まれる麹菌を培養して作られており、メラニンの生成を抑制する働きを持ちます。
t-AMCHA
情報を伝える伝達物質の生成を抑え、メラニン生成を阻害や肌荒れ防止などの効果もあります。
ハイドロキノン
言わずと知れたハイドロキノンは、別名「肌の漂白剤」とも言われているほどの効果を持っているとされています。 出来てしまったシミを薄くするとして、知られています。メラニンの合成を阻害し、酵素チロシナーゼの活性を抑える働きをします。

このような美白成分の入った化粧品を使う事により、今あるシミそしてこれからのシミ対策としても有効な効果を得られるのではないでしょうか。

何度も言うようですが、シミを見つけたときにすぐケアすることが大切です!