シミを薄くする化粧品

シミ対策の美白化粧品を紹介しています。
今あるシミを薄くする方法として、毎日使う化粧品を変える事は重要です。

頬のシミを消したい

老人性色素班と肝斑

シミにはいろいろな種類があるのはご存知かと思います。また、そのシミの種類によりケア方法も違ってきます。

頬にできるシミというのは

のどちらかになると思います。

老人性色素班

30代以降にじわじわと肌表面に現れてくるシミです。紫外線を浴びたことが原因とされており、頬やこめかみ、手の甲など日のあたりやすい部分にでき、円形状の褐色になりそのままにしておくと、色がどんどん濃くなってきます。

【ケア方法】
気づいた時、シミの色が薄いうちにケアすることが大切です。ケミカルピーリングや、ハイドロキノン配合の美白化粧品などを用いてケアしてあげるようにしましょう。またハイドロキノンとなど配合の場合は、肌の漂白効果と活性効果の両方でシミに効果的に働いてくれるとされます。UV対策、保湿対策もしっかり行うようにしましょう。

肝斑

30代~40代の女性の、両頬など左右対称に薄い褐色、もやっとしたシミが現れます。妊娠や出産また、ピルなどを飲まれている方に現れることが多く、女性ホルモンのバランスが影響していると言われています。また閉経と共に、薄くなるとも言われているシミでもあります。

【ケア方法】
ホルモンの影響と言われていますが、何もしないということはNG!紫外線を浴びることにより、症状は悪化していくので紫外線対策もしっかり行う事は大切です。内服薬のケア方法が知られていますが、それプラス美白保湿化粧品を使う事もオススメです。レーザー治療をおこなう方もいますが、逆にシミが広がったという口コミもありますので注意が必要です。

日頃からのシミケアを怠らないことが大切

シミケアは、今すぐに消したい!と思っても正直無理です。レーザーなどでシミを取っても、肌内部に潜んでいるシミがまた表面に出てきてしまいます。そのようにならないためにも、日頃から紫外線対策や美白対策はとても重要となるのです。

美白美容化粧品を選ぶ際には、厚生労働省がシミへの作用を認めた成分が配合されているかをチェックすると良いですね。様々なテストを行い、データ提出などを経て認められた美白成分といえますので、使用することに対して安心感はあると思います。

綺麗な肌作りの基本となる、保湿を忘れてはいけません。潤いのある肌は、紫外線や外的刺激などから肌を守ってくれます。また、化粧水や美容液など肌に必要な成分を、肌奥までしっかりと浸透させてくれます。

ですので、保湿成分がしっかりと含まれた美白化粧品を選ぶと、保湿+美白により肌に潤いをもたらせながら美白も行ってくれるので良いかもしれませんね。