シミを薄くする化粧品

シミ対策の美白化粧品を紹介しています。
今あるシミを薄くする方法として、毎日使う化粧品を変える事は重要です。

シミを薄くする成分

シミ予防と既に出来たシミでは使うべき美白化粧品が違う

メラニンが原因で出来るシミ・くすみ。それらがない、透き通るような肌は誰しも憧れですし、なりたい肌です。

メラニンはシミなどの原因とされ、不必要的なものに思われますが、実はメラニン色素を増やすことにより紫外線から肌を守っている働きをしています。

健康的な肌は、肌のターンオーバーによりメラニン色素は排出されます。ですが、新陳代謝が低下してる場合、メラニン色素が排出されずに残ることにより、シミとなるのです。

例えば、海で日焼けをした時など水着の跡が残ってしまった経験はありませんか?そして日に日に、水着の跡が消えていきましたよね?ですが、冬まで水着の跡がうっすら残っているという場合は、新陳代謝が低下しているという事がいえます。

新陳代謝を低下させないようにすることは、シミを残さない肌を作るという事でもあります。シミに対して、「出来てしまったシミ」と「シミを予防する」とでは、同じ美白化粧品でも内容成分が違ってきます。

出来てしまったシミに有効な成分

「出来てしまったシミ」に有効な成分として、ハイドロキノンが良いとされています。今あるシミに効果的ともされており、肌の漂白剤としても知られているハイドロキノンは、ほとんどの女性が知っている成分でもありますよね。

メラニンを淡色化させる作用を持っているとされており、皮膚科などで処方されるクリームでも使われている成分でもあることから、その効果は確かなものと言えます。しかし肌質によって、刺激が強すぎ肌荒れなどを起こしてしまうという方もいらっしゃいます。

シミに効果的な成分というものはたくさんありますが、そのほとんどがシミ予防型であるとされています。シミ予防型はこれから出来るシミに対して効果的なものです。出来てしまったシミに対しては、ハイドロキノンだけと言えるかもしれません。

このような事から今あるシミを薄くしたいという場合は、ハイドロキノンが配合されているものを使用するのが良いですね。

シミのある肌は、実年齢よりも上に見えてしまいます。シミに気づいた時、まだシミが薄い時期から始めるのが最も効果的に薄くしてくれます。お化粧でシミを隠すよりも、シミ自体をなかった事にするには、早めのシミケアが大切です。