シミを薄くする化粧品

シミ対策の美白化粧品を紹介しています。
今あるシミを薄くする方法として、毎日使う化粧品を変える事は重要です。

シミに効く美容液

あなたに必要なのは予防型?漂白型?

美白成分には「予防型」「漂白型」の2種類があります。今あるシミ、そしてシミを作らないようにするために、今必要なのはどちらなのかにより、美白成分も違ってきます。

予防型【メラニンの生成を予防する成分】

カモミラET
カモミールの葉から抽出した成分で、情報伝達物質であるエンドリセンを抑制しメラノサイトによるシミの生成を予防する働きをします。このカモミラET配合の場合、外出前など紫外線を浴びる前に塗ることにより紫外線を予防してくれるとされています。
コウジ酸
麹菌が糖を発酵させることにより作られたもので、メラニンを作る酵素やメラニン生成を抑えてくれます。また、炎症や活性酸素の発生を抑える作用も持っています。
エラグ酸
果物などに含まれるポリフェノールの一種で、肌を黒くする原因でもあるメラニン色素を作る酵素チロシナーゼの働きを抑える作用を持っており、美白効果も高いとされています。
リノール酸S
紅花油やコーン油などの植物油や味噌などに含まれている必須脂肪酸の一種で、チロシナーゼ酵素を分解しメラニンの産生を抑制する働きをします。他に保湿や抗炎症作用もあり、肌のバリア機能向上を高める効果もあるとされています。

漂白型【出来てしまったシミに効果的な成分】

トラネキサム酸
アミノ酸の一種で止血目的などから医療現場で使われていた成分で、肝斑などのシミに効果的とされており、メラノサイトの活性を抑制する働きも持っています。
ビタミンC誘導体
ビタミンCを肌に浸透しやすくしたもので、メラニン色素を還元する作用や皮脂分抑制作用、抗炎症作用などをもっています。シミだけではなく、ニキビや毛穴の開きなどにも効果があるとされています。
ハイドロキノン
メラニン色素を淡色化させる作用を持ち、出てしまったシミを薄くする効果もあるとされています。

このように、今自分に必要な物はどの成分なのかということを確認して美白美容液を使うようにし、シミの無い肌をつくりましょう。

今では個人輸入で、日本では売られていない美白美容液などを手に入れることも可能となっていますが、その場合は注意が必要です。

日本で売られているものは、日本人の肌に合わせた成分濃度が主ですが、海外などでは濃度が高い物などが売られていたりします。濃度が高いとシミに対して効果も即効性があるのでは?と思うかもしれませんが、その分肌へのリスクも高くなります。肌の炎症やかぶれなど、出てしまうという事もありますので注意が必要です。