シミを薄くする化粧品

シミ対策の美白化粧品を紹介しています。
今あるシミを薄くする方法として、毎日使う化粧品を変える事は重要です。

メラニン色素を減らすには?

メラニン色素の意外な役割

シミの原因となるメラニン色素。そんなの出来なければ良いのに!と思ってしまいますよね。ですが、メラニン色素は私たちの体にとって必要なものでもあるのです。

私たち人間は人種により、肌の色は異なってきます。例えば同じアジア人種でも個人差がありますが、その肌色を決める要素にメラニン色素があります。このメラニン色素は、女性にとって嫌なシミを作る原因とされてますが、実は私たちの体を紫外線から守っている働きもしているのです。

もししメラニン色素が無くなってしまうと、皮膚の奥にある細胞内の核が紫外線の影響によ炎症を引き起こしたり、DNAが破壊されたり、皮膚がんになってしまうと言われています。表皮の一番下、基底層にあるメラノサイトは紫外線を浴びると、真皮に紫外線が届かないようにブロックしてくれる役割をしているのです。

肌に紫外線を浴びてしまうと、表皮細胞が刺激され肌を守るためにエンドセリンなどの情報伝達物質を生成し、メラニンを作るように指令しメラニン色素を作り始めます。メラノサイトでは、まずメラニン色素の原料となるアミノ酸の一種のチロシンが作られ、その後チロシナーゼという酸化酵素が紫外線を吸収するために活性化しチロシンが黒色メラニンへつまりメラニン色素を生成します。

通常はターンオーバーにより、作られたメラニン色素は垢と一緒に排出され元の色にもどるのですが、紫外線を浴びすぎたりターンオーバーなどの乱れにより、メラニン色素を作り続け皮膚細胞に残ってしまう事があります。それがシミとなり、目立つようになってしまうのです。

シミの原因となるメラニンを減らしたい!

メラニン色素を減らすには、日焼つまり紫外線にあたらないようにすることが一番です。しかしそれは難しい事ですよね。

であれば、メラニン色素の原因となるチロシナーゼ酵素を抑制する成分の化粧品を使うようにすると良いですね。

チロシナーゼの活性を抑制する成分
コウジ酸・エグラ酸・ルシノール・リノール酸・4MSK・ビタミンC誘導体・アルブチン
情報伝達物質を抑制する成分
カモミラET・トラネキサム酸・t-AMCHA

この他にも、肌の新陳代謝を高めるという事も大切です。新陳代謝、つまりターンオーバーを活発させることにより、古い角質やメラニン色素の排出を促してくれますので、出来てしまったメラニン色素も剥がれ落ちます。

他にマッサージなどの血行促進ケアなども、肌のターンオーバーを促進してくれますね。