シミを薄くする化粧品

シミ対策の美白化粧品を紹介しています。
今あるシミを薄くする方法として、毎日使う化粧品を変える事は重要です。

出っ張りシミの特徴とケア

イボみたいなシミがある!これって何?

シミにもいろいろな種類がありますよね。その中でも、シミのようだけれどもなんだか凸凹している?それは出っ張りシミかもしれません。

表面にイボのように出っ張った形に変わるシミで、年寄りいぼとも呼ばれている【脂漏性角化症】の事です。「年寄りイボ」「皮膚の老化現象」と言われると、本当に取ってしまいたいですよね。

出っ張りシミとは

出っ張りシミは40歳以降にできやすいのですが、若い人でもできることがあります。茶色や黒色に変色したり肌色などの同色のシミがイボのように凸凹と盛り上がっており、良性の腫瘍とされていますが心配な場合は、皮膚科などで皮膚の一部を採取し検査をしてもらう方がよいでしょう。

主に皮膚の衰えが原因とされるシミでもあります。紫外線の影響により、大きくなったり濃くなったりし、こめかみや頬の部分にできやすいシミですが顔以外にも全身に出来るシミでもあります。

出っ張りシミのケア方法

脂漏性角化症は美白化粧品で消すのは難しいとされています。治療方法はいくつかあります。

液体窒素による凍結治療
脂漏性角化症の部分に液体窒素をあて、一時的に凍らせ数週間後かさぶたにしてから取る方法です。1回では取り切れないので、複数回の治療が必要とされます。麻酔を使用せずに行うため、痛みと炎症後の色素沈着を起こしやすいという欠点があります。
レーザーによる切除
局部麻酔をしたのち、炭酸ガスレーザーを患部に照射し削って取ります。術後は軟膏などの外用薬がでます。色素沈着予防の為、ながくて半年は紫外線などにあたらないように気をつける必要があります。保険適用外になる場合もありますので、医師に相談してみましょう。
電気焼灼手術
電気メスを使用した切除手術で、ホクロ治療等にも用いられる治療です。麻酔後、患部に浅く焼灼し2週間ほどで傷は治ります。
手術による切除
脂漏性角化症が大きい場合は、メスで切除し縫合することがあります。その場合、切除して病理組織検査を必要とされることもあります。個々の体質などにより、縫合部分が跡に残ってしまう場合もありますし、大きい切除の場合は皮膚移植もする可能性もあります。

このように、出っ張りイボ【脂漏性角化症】にならないためにも、日頃の紫外線対策はしっかりと行う事は大切ですね。また、小さいうちに早めに治療をしておくと治りも早いので、気づいたらそのままにしておかずに皮膚科に行くようにしましょう。