シミを薄くする化粧品

シミ対策の美白化粧品を紹介しています。
今あるシミを薄くする方法として、毎日使う化粧品を変える事は重要です。

潜在シミ対策

あなたは大丈夫?潜在シミチェック

潜在シミとは、肌の表面下にあるシミのことでシミ予備軍ともされており、これから肌表面に出てくるぞ!っていうシミの事です。

よくデパートの化粧品売り場などで、無料で肌診断を行っています。実際にやってもらうと、こんなに潜在したシミがあることにビックリするとともに、シミへの恐怖が増します。

今あるシミケアも大切ですが、将来シミになる可能性の潜在シミを表面化させない対策も大切です。

潜在シミは、男女問わずに持っている可能性があるものです。

上記のようなことが当てはまる方は、潜在シミになっている可能性があります。

大切なのは、潜在シミを肌の表面に出させないこと!そのためには紫外線対策や、美白化粧品での対策は必要になります。

日焼け止めに使われる成分

日焼け止めに使うUVケア用品には2種類の働きを持つものがあります。

紫外線散乱剤
散乱剤が肌表面を均一に覆い、紫外線を散乱や反射させて紫外線をブロックします。肌に優しいとされているので、毎日使う場合は散乱剤の方が良いかもしれません。
紫外線吸収剤
薬剤などに紫外線を吸収し、紫外線を熱エネルギーへと変えて皮膚の細胞に紫外線が侵入するのを防ぎます。海やスポーツなど、外に長時間いる場合はSPFの高い紫外線吸収剤の方が良いかもしれません。

紫外線をこれ以上肌に浴びせないためにも、普段から日焼け止めを使い分けておくのも紫外線対策になります。

潜在シミに効果的な美白成分

また、美白化粧品を使う時も潜在シミにたいして効果をもたらす成分のものを知って使う事も大切です。

【メラニン生成を抑える】
アルブチン・エグラ酸・ルシノール・コウジ酸・t-AMCHA

【新陳代謝を高める】
ビタミンC誘導体・プラセンタエキス

これらの有効成分を肌内部にまで届けメラニンを作らせないように働きかけます。

ですがシミに有効とされる成分をいくら使っても、肌の状態が悪ければ浸透力も悪くなり、有効とされる成分の効き目が半減されてしまいます。そのため肌の保湿は、夏冬関係なく大切です。

今は冷暖房が完備されているので、夏でもエアコンなどにより肌は乾燥してしまいます。ですので普段から、肌の健康を保ち新陳代謝を高める生活をしていくことも大切です。

ビタミン類の食材を摂り、良質な睡眠をとるように心掛け、ストレスはためないようにすることもシミを作らせない肌作りには必要です。