シミを薄くする化粧品

シミ対策の美白化粧品を紹介しています。
今あるシミを薄くする方法として、毎日使う化粧品を変える事は重要です。

炎症シミ改善

ニキビや虫刺されなどが原因で起こる炎症シミ

シミのほとんどが紫外線が原因とされていますがそれ以外に、シミの原因となるものがあります。皮膚がニキビなどの炎症を起こし、新たな細胞を作る機能が衰えてしまい、その後炎症が治り赤みが引いてきたときに出る、茶色の色素沈着のことを炎症性色素沈着と言います。

炎症シミ(炎症性色素沈着)を起こす症状として、ニキビ、虫刺され、火傷、湿疹など肌に炎症を起こし、その後炎症シミになりやすいとされます。

ニキビなどの場合は、頬や顎にかけて出来るものは炎症シミを作りやすいので、しっかりケアをしてあげることが大切です。そして、ニキビ跡や傷跡、虫刺されの跡などが日焼けをすると、薄茶色がさらに濃くなってしまいます。

他に肌を擦ってしまう事により、肌が炎症を起こしてしまい刺激によりメラニンを生成してしまいますので、洗顔やマッサージの時などは気をつけるようにしましょう。

炎症シミの改善方法

出来てしまった炎症シミは、美白化粧品が有効です。美白成分にビタミンC誘導体ハイドロキノンなどは、炎症シミに効果的です。

ビタミンC誘導体
ビタミンCにはコラーゲン生成の促進、美白作用、メラニン色素の合成を抑制する働きなどを持ち、新陳代謝を促す作用もあります。浸透性をアップしたビタミンC誘導体の方が、肌内部にまで浸透してくれます。
ハイドロキノン
ハイドロキノンは、メラノサイトに直接作用してくれるので、美白効果が高い成分です。
ピーリング
フルーツ酸を用いたピーリングは、古い角質を剥がし角質サイクルを活性化し、肌のターンオーバーを促してくれます。美白化粧品などの成分などの浸透性も、高めてくれるとされています。しかし肌状態により、肌の調子を悪くさせてしまう事もあるので注意しましょう。
イオン導入
微弱な電流をを用い、ビタミンC導入体やプランセンタエキスなどの有効成分を肌内部にまで届ける方法です。主にエステサロンなどで、行われている方法です。

また肌の保湿も大切です。潤いが少なく、乾燥肌になっている場合バリア機能が低下してしまい、肌が刺激を受けやすくなってしまいます。

ニキビ肌などの場合、肌に何もつけない方が良いと思われている方もいます。ですがそれは炎症シミの原因ともなりますので、日焼け対策は必要です。日焼をすることにより、色素が定着してしまいますので、紫外線が当たらないようにしましょう。

シミなども同じですが、早めの対策をすることにより薄くなり目立たなくなります。