シミを薄くする化粧品

シミ対策の美白化粧品を紹介しています。
今あるシミを薄くする方法として、毎日使う化粧品を変える事は重要です。

顔のシミ対策と予防

一番紫外線の影響を受けるのは顔!

ある調査で、シミができ始めた年齢を聞いたものがありました。その結果、22~24歳くらいにシミができたことに気付いたという結果があります。

顔は身体の中でも、一番紫外線に浴びやすい個所でもあります。シミは予防が基本的ですが、出来てしまったシミに対してもケアの仕方で薄くなります。

シミ予防方法

まずシミを作らせない!という予防の基本となるものがあります。それは保湿です。

綺麗な肌を保つ基本とも言える保湿。肌の潤いを逃さないように、しっかりと肌に潤いを閉じ込めることが、紫外線やターンオーバーの乱れなどを防いでくれるのです。肌のバリア機能とも言われていますよね!肌が潤っていると、シミだけではなくシワ予防にもなります。

化粧水などをつける時はパッティングはせずに、手のひらで優しく抑えて浸透させるようにしましょう。化粧品も、メラニンの生成を抑える働きを持つ成分のアルブチン、エグラ酸、ルシノールなどの配合された美白化粧品を使い、まだ表面に出てきていないメラニン色素に有効に働いてくれます。

そして何と言っても、紫外線対策は重要ですよね。今ではUV加工のされている衣類や、ストール、帽子などいろいろと出ていますので、それらを外出時に着用し紫外線から身体を守りましょう。もちろん、顔もしっかりとUVケアをしてあげることは基本です!

シミ対策法

紫外線対策をしていたのに、うっすらとシミができてしまった!と言う場合は、気づいた時に早めのケアが大切です。

美白化粧品ではシミは消えません!という口コミを見ますが、正直短期間ではシミは消えません。長期戦で頑張って続けないと、シミは消えないのです。

即効性を求めるのであれば、美容皮膚科でレーザー治療が適切ですが、肌内部に潜在シミがある場合またシミは出てきます。

【関連記事】潜在シミ対策

出来てしまったシミに対しては、やはりハイドロキノンが配合されてた美白化粧品が良いとされています。皮膚科などでも出される薬でもあるハイドロキノンは、肌の漂白剤とも言われていますが、化粧品に含まれている濃度はさほど高くないので、長く続けて効果を感じるものとされています。

ですが、美白化粧品には今あるシミや潜在シミに対しても有効な成分を配合しているので、シミ予防・対策の両方が出来ると言えます。

シミの予防と対策を簡単ですが、説明しましたが外側からのケアもとても大切ですが、インナーケアもやはり大切です。ビタミンCなどのサプリメントを飲んだり、肌に良いとされるビタミン類を普段から摂るようにしましょう。

美白化粧品もたくさんの種類が今はありますが、自分の肌に合ったものを選ぶことにより、シミに対してより効果を得られます。