シミを薄くする化粧品

シミ対策の美白化粧品を紹介しています。
今あるシミを薄くする方法として、毎日使う化粧品を変える事は重要です。

今あるシミ対策

今あるシミに効く配合成分は?

シミ対策に、美白化粧品を使われる方がほとんどだと思います。また、シミの種類により美白化粧品では効果を得られないものもあります。

美白化粧品の効果をしっかり発揮させるには、今あるシミの種類を知ることが大切です。出っ張りシミや肝斑などのシミは、美白化粧品では消えないとされています。

今あるシミの対策としての美白化粧品は、配合成分がポイントとなります。

美白化粧品でも、メラニンの生成を抑制する働きを持つ成分が配合されているものがあります。まだ肌表面に出てきていないシミに対して効果をもたらしてくれますが、出来てしまったシミに対しての効果は低いと考えられます。

ならば、今あるシミに効果のある美白化粧品はどのようなものなのでしょうか?それはやはり、ハイドロキノン配合の美白化粧品が有効だと思われます。

ハイドロキノンは、今あるシミを薄くしながら、肌内部のメラニンの生成を抑えてくれるものです。ハイドロキノンは酢用成分のため皮脂にはじかれ浸透しづらいとされてきましたが、今では改良され浸透力に優れ肌の奥まで、ハイドロキノンを届けてることにより、シミに効果的に働きかけてくれる作用をもたらします。

ハイドロキノン配合の美容液などは、通年を通して使えるので良いかもしれませんね。

ハイドロキノンの他にも、ビタミンCをより肌に吸収しやすい状態にし安定化させた、ビタミンC誘導体が配合されたものは、抗酸化作用や新陳代謝促進などの効果をもたらしてくれます。ターンオーバーが乱れた肌などは、ビタミンC誘導体配合のものがオススメです。

自分の肌に合う化粧品を選ぶことが大切

今あるシミ対策をしながら、これ以上シミを増やさない対策も大切ですので、紫外線対策は日頃からしっかりと行っておきましょう。

また、乾燥肌や敏感肌という方は、肌に刺激の少ない美白ケア商品の方がいいですね。

ちょっとした刺激に弱い肌は、通常の美白化粧品ですと、肌への刺激が強いかもしれません。ですので潤い成分を主にした、美白化粧品は肌のバリア機能を高めていき肌のターンオーバーの乱れを整えていきます。

乾燥肌や敏感肌用の美白化粧品以外にも、保湿と美白を重視した商品もあります。

そして何より大切な事は、自分の肌に合うものを使ってみるという事です。使ってみて肌がピリピリする、痒いなどの症状がある場合は使用を中止しましょう。肌荒れなどの原因となってしまいます。

美白化粧品を使うと同時に、食生活も見直していきましょう。肌にはビタミン類などが良いとされますよね。

朝にスムージーを飲んでいる方も多いですが、柑橘系のフルーツを朝に食べるのは避けた方が良いとされています。柑橘系などにはソラレンという光毒性物質を含んでおり、ソラレンは紫外線に過敏にする性質があり、摂取後血流にのって2時間程で全身にいきわたります。

オレンジやグレープフルーツを食べてから外出などをすると、紫外線の影響を受けシミができやすくなるという事になってしまいます。ですので、ビタミンCが多いフルーツは夜に食べる方が良いですね。

美白化粧品も使い続けてシミが薄くなった!という効果が得られますし、肌に良い食べ物を取り続けることにより美肌効果を得られるものでもあります。

つまり、美肌美白は地道な努力が必要なのです!でも、シミだらけの顔になるよりはコツコツと毎日続ける方が断然よいですよね!